2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2015.06.14 (Sun)

手術日

こんにちは、しげたーにゃです。







いよいよ手術当日。







昨晩0時からは断飲食。








朝8時に看護婦さんがきて
眠れましたか?と。







いつも通りぐっすりと眠れた。
あんなに怯えていたくせに。







そうですか~
また呼びに来ますねー
と去っていった。








何時からですか?!
心の準備が~…( ; ゜Д゜)








何も聞かされず…
とにかく待つ。









待っている間ウトウトしていてら呼びに来られた。







じゃあ手術行きましょう、もう戻ってこないので荷物まとめて待合室で待っててくださいね。
と言われた。








え?!戻ってこない?







前の説明では麻酔が切れてしばらくは動けないから2時間休んで帰ると聞いていたのに…







一体どこで休むのだろうか…?








でも、相変わらず人見知りで聞けない。
寝間着から着替えて、荷物をまとめて待ち合いに。







ところで、手術着じゃないんだね…。









間近にせまった手術にそわそわする。







待ち合いから手術待機室に案内される。
和室の小部屋になっていて布団もあった。







終わったあともここで休ませてくれるみたい(。-∀-)ホッ








待機室で待っていると看護婦さんが呼びに来た。







手術室に案内される。









入ったらテレビで見るようないかにも!!な手術室の光景にビビる。







診察台に横たわり手足を固定された。








手足が使えないと急に鼻の頭とかかゆくなりますよね~
かゆくなったら代わりにかくので言ってくださいね♪
と、看護婦さんが和ませてくれた。








固定された左手には点滴。






点滴も普段採血とかされる所じゃなくて、手首とひじの間らへんにプスリ。





それから薬指には酸素濃度をはかるためのクリップのようなものをつけられた。







右手には血圧計。







上半身は心電図が設置。






色々繋がれて準備が出来たようだ。







そこで先生の登場。








じゃあ麻酔を点滴から入れますねー。
入ったとき少しじんじん痛みますよ。
と説明される。








確かに麻酔が入った瞬間じんじんと痛み、麻酔が来たな、と分かった。








と、同時に急に目が回る?ような感覚に教われる。
幾何学模様のような柄が襲ってきて手術のことはキレイさっぱりわからなくなる。







うまく表現できないけれど、明らかに夢だとわかる夢を見る。







夢といってもストーリー性のある夢ではなく…。
夢の中の変な模様が次々に出てきて、とにかく気持ち悪かった。









全身麻酔だったので記憶がぶっ飛ぶかと思ってたけど。








記憶がないというと語弊がある気がする。
夢を見ているという記憶。







しかし、夢は見れど眠るという感覚は皆無。









たぶんそれは10分~20分くらいだったはずだが感覚的には1時間くらい夢を見た気がした。








終わりましたよと言われた気がする。
確かではない記憶。









その後、大丈夫ですか?とも聞こえたような…。









ヴゥゥゥゥ…







あ"ぁぁぁぁぁぁぁぁ…








自分のうなり声で夢は終わった。
けれど目は開けられず。









気がついて1番に思ったことは
耳がかゆい!!








そう思ったら目が開いた。
開いた目の前の景色は手術前の待機室だったが、その景色はうにゃんうにゃんと揺れていた。







気持ち悪さは持続中。








あまりの気持ち悪さに、







あぁぁぁぁぁぁぁぁ








と、無意識にまたうなり声をあげていた。








眠ってはうなり声で目を覚ますを繰り返す。








何回目か気がついたときには手にナースコールが握らされていて、押すかどうか悩んだ。








が、人見知りが発動し押せず。








やっと目を開けても景色が固定されて気持ち悪さが収まった時にタイミングよく看護婦さんが現れた。








その時は看護婦さんの登場にすごい!!!!なんでわかったんだろう!と感動した。







今思えば時間が決まっていたんだろうな、と( ̄~ ̄;)









看護婦さんから
吐き気止めを打ってますからもう少し休んでもらって、動けるようになったら診察して帰ってください。
と説明を受ける。









吐き気止めって…
手術中吐いたのかな…









しばらく休んで自力で動き、診察へ行く。







診察も終わり術後の諸注意。
それよりも気になったので、吐いたんですか?と聞くと、麻酔の影響で皆吐きますと言われる。





(´・ω・`)







うん、気持ち悪かったしね。









今週は安静に、と言われたので麻酔も抜けてきていたが贅沢にタクシーで帰る。









タクシーに乗ると運転手さんに







今何ヵ月?







と聞かれた。







!!(゜ロ゜ノ)ノ








正直に答えると気まずいかなと思いながらも、気転がきかなかったので正直に話した。







運転手さん、気にする様子もなく








そうなんですね~
うちの娘が2人目ほしがってて…







と話始めた。
家に到着するまで運転手さんの娘さんの身の上話だった。









支払いが終わると
次頑張って!と爽やかに去っていった。








しんみりしなくてよかった(。-∀-)









安静生活のスタート。










祝、退院。











では。
スポンサーサイト
13:17  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kanejiro.blog37.fc2.com/tb.php/609-38760b1a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |